2011年 04月 26日
コンクリート打設
朝からコンクリート打設の立会い
今回は地下1階立上りと1階床そして擁壁
結構コンクリート量がある
b0227217_1142585.jpg

建築物本体と擁壁は構造的に分けるのが一般的だが、今回は一体として計画した。
建築物と擁壁は基礎で繋がっている。
分けると擁壁の基礎を道路面よりもかなり深い位置に計画することになる。
余計に掘ることになり道路面の山留も必要になる。
当然、鉄筋やコンクリートの量も増える。
構造設計者と相談の上、一体とした。
安全で無駄のない計画だと思う。
微々たることだが工作物申請も不要となったので、申請も建築物一本で手数料や手間も省けた。

床スラブをコテで押えて終了
b0227217_11433067.jpg

晴天で気温も高く、コンクリートが固まりやすいため、夕方の終了までお昼の食事休憩も取らず作業をしてくれた職人さん達に感謝。
お疲れ様でした。ありがとうございました。
次回も宜しくお願い致します。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2011-04-26 23:40 | Simple Box House


<< 建築基準法解説の講習会      駅前ビルのリニューアル >>