2011年 07月 16日
屋上防水水張試験
常磐道から首都高へ。
現場近くのファミレスで昼食と休憩、さすがに眠い。

昨夜から屋上に水を張って頂いていた。
水張試験と言い、防水層施工後に水を貯めて24時間放置し水漏れのないことを確認する。
b0227217_2217263.jpg

屋上がプールのようだ。
仕事を覚え始めの頃、公共建築の現場で経験して以降、自分の担当する現場では民間工事であっても水張試験を行っている。
年度末竣工引渡の現場の時には、水張試験が1月で貯めた水が凍ってしまったこともあった。
H22年度版の公共建築工事標準仕様書を見ると水張試験の記載がない。
防水工事は一般的な工法では施工者の責任施工で10年保証が出るので、敢えて水張試験まで記載していないのかもしれないが、自分としては確認を行いたい。
そんな事もあり、施工者に対しては若干お願いモードなので工程に支障が出ない範囲で行って頂いた。
2階で水漏れの形跡はなく防水層は問題なさそうだ。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2011-07-16 23:53 | Simple Box House


<< 台風対策      夏終わる >>