2011年 07月 25日
足場解体
昼から現場へ。
外部足場が解体され外観が姿を現した。
b0227217_11232667.jpg
メイン道路側は開口部を絞っている。
b0227217_11352961.jpg

打放型枠の割付ピッチを土木/建築と区別して、擁壁は@900、建物躯体は@600としている。

家具塗装色の確認のためクライアントに現場に来て頂く。
基本的に床のフローリングに色を合わせて木製建具、額縁、家具を塗装する予定だが、木の種類の違いがあるので現物に試し塗りをしてもらって確認を行う。
b0227217_11344369.jpg

家具の面材や建具はシナ合板を採用した。
あまり濃い色を塗り込んでしまうと木目をつぶしてしまうことになる。
クライアントに選定頂いた色を施工者に伝え、木目を消してしまわない微妙なニュアンスを伝える。

夕方、職人さんたちも作業を終えていたので、ゆっくりと現場の状況を見て頂く。
現状、満足頂いている様子。
あと約2週間、引渡しまで気は抜けない。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2011-07-25 23:21 | Simple Box House


<< 現場追込み      何とか提出 >>