2013年 01月 26日
新規案件の敷地を見に行く
昼から新規案件の敷地へ。

先日、以前のプロジェクトでお世話になった金融機関の担当者から電話があり、自宅兼クリニックの計画で土地を検討中のクライアントがいるとのこと。
敷地は落ち着いた雰囲気の街中にあり、文教施設や歴史を感じさせる寺院にも近い。

先行して頂いていた写真やgoogle mapで一応確認はしていたが、実際にその場に身を置いてみないと分からないこともある。更には季節や時刻を変えて何度も訪れるべきだと考えている。

まずはヴォリュームの検討から。
可能性が無限にある、と思えるこの段階が一番ワクワクする。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2013-01-26 22:53 | 設計のこと


<< 勝田マラソン【不参加】      プレゼン終了、そして次 >>