2013年 02月 14日
クリニック併用住宅 経過
先日1stプランを提出したクリニック併用住宅について、金融機関の担当者から報告の電話があった。

クライアントが他の土地の可能性も含めて再度じっくり検討したいとのこと。
1stプランがどうこうと言うよりは、この土地で本当に良いのだろうかとの疑問が大きくなってきているとのことだった。

残念ではあるが、大きな買物でもあり、その後の人生に大きな影響を及ぼす決断になるはずなので慎重な態度で臨むのは当然のこと。何かしら躊躇する要因がある場合には焦らず検討すべきだと自分も思う。
そもそも「本当に建てたいのか」まで遡って考えるべき問題なのかも知れない。

担当者には、もし新たな土地で検討する時期が来たならば、またお手伝いが出来れば・・・、とお話しさせて頂いた。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2013-02-14 19:53 | 設計のこと


<< 長期修繕計画      3度目の確定申告終了 >>