2013年 03月 10日
武蔵野市被災建築物応急危険度判定協議会
以前、講習を受けて建築物応急危険度判定員になっていたのだが、1月に市から体験学習会の案内があったので申込みをし、昨日参加してきた。

今回で11回目となるらしい武蔵野市被災建築物応急危険度判定協議会では市役所からバスで江東区有明の東京臨海広域防災公園内にある防災体験学習施設「そなエリア東京」へ行き「東京直下72h TOUR(72時間をどう生き残るか)」を体験学習するとのこと。本日の参加者は44名。現在武蔵野市に防災ボランティア登録している判定員は151名とのこと。
移動のバスの中で危険度判定の事例とポイントについてのビデオを見る、そして「そなエリア東京」に到着。
b0227217_2341936.jpg

b0227217_2343630.jpg

b0227217_2354018.jpg

入口でニンテンドーDSを渡されて簡単な操作説明の後、正面のエレベーターに乗る。10階から1階に降りる途中で大地震に遭遇(実際はEVは動いてなくて光と音の演出)・・・EVの扉が開くとそこは地震後の街(のセット)。
b0227217_2491562.jpg

b0227217_2493458.jpg

b0227217_2502312.jpg

セットは結構リアル、テレビのニュース映像はそのものって感じ。
各人がDSを見ながら防災や避難に関するクイズに答え進んで行く。
自分の結果は・・・どうやら生き延びられたようです。
b0227217_254239.jpg


DSを返却した後はパネルやアニメ映画などの展示を見る。
b0227217_2574784.jpg

阪神大震災のパネル展示は年数経った今の方が見るのがツライ…

b0227217_2593114.jpg

b0227217_2594796.jpg

災害時には政府のオペレーションルームとして使われるらしいこの施設。廊下の窓からオペレーションルームが見える。

昼食後バスに戻り市役所に帰る前にしばしゲートブリッジ観光。
b0227217_363526.png

b0227217_371431.jpg

b0227217_373130.jpg

b0227217_37513.jpg


市役所に戻り解散。本日のおみやげの非常食。
b0227217_384773.jpg

[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2013-03-10 03:12 | 仕事のこと


<< 中古マンションのスケルトンリフォーム      特殊建築等定期調査報告済証 >>