人気ブログランキング |
カテゴリ:マンション管理( 30 )

2014年 04月 25日
4月の理事会
今月の理事会では配管調査の見積比較表を説明し、理事会として推薦する会社を決定した。
GW等もあるので次回の理事会は6月。
臨時総会の議案の審議がメインになる。

by satoshi_suzuki-ao | 2014-04-25 23:37 | マンション管理
2014年 04月 10日
終日理事長仕事
午前中はマンションの共用部調査。

2008年に行った大規模修繕工事の施工会社による保証期間は、外壁塗装が7年、ウレタン塗膜防水とシーリングが5年、鉄部塗装が2年となっている。
外壁塗装の保証が来年の3月で切れるので、不具合があれば補修してもらうために施工者、管理会社、管理組合の3者で目視確認を行った。

事前に施工者が行ってくれた調査報告書を見ながら屋上から各階廊下、そして周辺から外壁の状態を確認する。大きな不具合は見当たらず、軽微な塗膜のクラックやはがれなどは補修してもらえるようお願いした。
玄関扉廻りのクラック
b0227217_23262158.jpg

屋外階段床シートのふくれ
b0227217_2332182.jpg


当マンションの財務状況からして次回の大規模修繕工事は2020年頃になるだろうか?
築40年を超える建物なだけに適切に手を入れ続けなければならない。

昼前に調査は終了。

ところで、今日の調査に施工会社からは3名もの出席があった。大規模修繕工事とその後の屋上防水改修工事を担当してくれた現場担当者とアフター担当者、そして営業担当者。聞けばアフター担当者が退職することが決まっているのだが後任がまだ決まっていないため、当マンションに気を使ってか大所帯での訪問になったらしい。以前からの現場担当者のKさんは誠実でとても信頼出来る方なので、彼が担当してくれれば正直アフター担当は要らないんだけど、と伝えると、Kさんも実は定年退職していて現在は今日のようなスポット対応で各現場を必要に応じて廻られているとのこと。年齢に関わらず仕事の出来る出来ないで判断してもらえるとこちらは助かるのだが、そうはいかないものだろうか?

夕方、配管調査の見積書がメールで届きこれで4社全て出揃った。
比較表もまとめたので月末の理事会資料の作成はほぼ終わり。

今日は一日ほぼ理事長仕事で終わってしまった。

by satoshi_suzuki-ao | 2014-04-10 23:27 | マンション管理
2014年 04月 04日
清掃事務所へ
武蔵野市では資源リサイクル廃棄物の集団回収事業に補助金で経費を助成する制度がある。

マンション1階のごみ置場に各入居者が分別して出した新聞・雑誌・段ボール・びん・缶・牛乳パックなどを回収業者が月1回運んでくれるのだが、その際に発行された伝票を半年に1度集計して市のクリーンセンターに申請すると廃棄物の量に応じていくらかの補助金がもらえる。
当マンションでは各3万円程度で年間約6万円。そのお金は清掃用具やポリバケツの購入に充てている。

この制度自体は良いことだと思うし、伝票に書かれたごみの量を申請書に転記・集計する作業も大したことないので全く苦にならないのだが、そんなことも理事長の仕事として面倒に思う人もいるかもしれない。
それよりも平日の営業時間に申請書を提出に行くのは勤め人にとっては苦になるのだろうな。

自分は自営業なので何とも思わず、桜を見がてら提出にでも行くか、って感じだったが。

by satoshi_suzuki-ao | 2014-04-04 23:04 | マンション管理
2014年 03月 28日
3月の理事会
帰宅後頭を切り替えて理事会資料を作成する。

理事会のレジュメや議事録は管理会社が作ってくれるが、配管調査の資料に関しては自分でやるしかない。
これまでの各社との打合せ経過や現段階での見積内容等についてA4で2枚程度の資料を書く。

殆ど休む間もなく理事会の時間になる。
配管調査に関して他の理事からは特に指摘もなく、これまでの方針で進めて良いとのことだった。
来月の理事会では各社の見積比較表を議題に上げて6月予定の臨時総会に推薦する調査会社を決定しなくてはならない。

久し振りの徹夜で今日は疲れたのでもう寝る。

by satoshi_suzuki-ao | 2014-03-28 23:47 | マンション管理
2013年 11月 30日
建診協マンション勉強会
航空会館での建診協(建物診断設計事業協同組合)マンション勉強会に理事長として参加してきた。

講演「提案『新時代の大規模修繕』」
では理事長の山口実さんが職人不足や東京五輪の影響など最近の情勢を解説して下さった。
山口さんの講演は2度目で、以前メーカーさんの紹介で食事を御一緒させて頂きお話を間近で伺ったことがある。

休憩を挟み、シンポジウム「給排水設備の今・・・」
今期配管調査を行う当マンション組合としてはコレが目的で参加したようなもの。
b0227217_0574324.jpg


閉会後、個別相談の時間があったので配管調査会社を紹介して頂けないか聞いてみる。
後日設備担当の方より連絡を頂けることになった。

by satoshi_suzuki-ao | 2013-11-30 22:44 | マンション管理
2013年 11月 15日
理事長引継ぎと第1回理事会
昼過ぎにマンションの管理会社の担当者と待ち合わせ、理事会の銀行口座の理事長名変更の手続きを行う。
夕方からは管理人室で前理事長と引継ぎの打合せ。

その後、第1回の理事会を行う。
各自の自己紹介の後、前期からの懸案事項も含めた今期の活動内容を話し合う。
あっという間に任期の1年は経ってしまうのだろうが、やらなければならないことは結構あるので、気を引き締めて1年間の理事長職を全うしなければならない。

by satoshi_suzuki-ao | 2013-11-15 22:43 | マンション管理
2013年 10月 19日
マンション定期総会
仕事その2の面談を終えバタバタと帰宅。
入居しているマンションの定期総会。
議決権の過半数の賛成を得て来期の理事長に就任することとなった。

2008年に入居して早や6年目、2度目の理事が回ってきて、今回は理事長となった。
37戸の小所帯とはいえ入居している組合員の思いは当然様々。
築40年を越えたマンションを適切に維持しつつ組合員皆が快適に住まうことが出来るよう、歴代理事長に引き続き1年間の務めを果たさなければならない。
やってみないと分からない結構なプレッシャーだ。

by satoshi_suzuki-ao | 2013-10-19 22:27 | マンション管理
2013年 04月 20日
マンション理事会
先日届いた定期調査報告書の報告済証を理事長にお渡しするため今回も理事会にオブザーバー出席。

これまで検討してきた長期修繕計画や会計処理の変更等を来月末に開催予定の臨時総会に諮るべく細かい内容の詰めが続く。
おおまかな方向性もほぼ固まって総会議案の作成に作業は移行しているようだった。

定期調査報告書の内容自体は以前説明していたが、提出時に何点か訂正があったのでその内容を説明した上で報告済証を理事長に提出。
あわせて報告書作成業務の請求書も提出させて頂いた。

by satoshi_suzuki-ao | 2013-04-20 22:03 | マンション管理
2013年 03月 09日
特殊建築等定期調査報告済証
年末に提出したマンションの定期調査報告書の報告済証が届いた。
b0227217_284531.jpg

提出時に言われていた通り約3ヶ月かかったようだ。

定期調査報告制度については協力させて頂いているYahoo!不動産の「教えて!住まいの先生」にも書いているので興味のある方は一読願います。

by satoshi_suzuki-ao | 2013-03-09 22:00 | マンション管理
2013年 02月 23日
長期修繕計画
マンションの理事会に出席した。
当期は理事でもないのだが、以前から長期修繕計画について理事長から意見を求められておりオブザーバー的に参加させて頂いた。

当マンションは昭和48年竣工で当期で40期になる。人間でも40歳を過ぎれば色々と不具合が出てくるものだが当マンションの場合、見た目はともかく問題となるような大きな不具合は出てきてはいない。各入居者の努力や管理会社のサポートのお蔭でこれまで適切な修繕がそれなりに行われてきた結果ではあるが、過去の修繕工事が計画的に行われていたかと言えば、実はそうでもない。きちんとした長期修繕計画がこれまで存在しなかったのだ。それなのに今の状況があることは奇跡的と言えるかも知れない。

昨年管理会社を変更した際に、本格的なものは別途費用が発生することは承知していたので、契約の範囲内で可能なレベルで良いからと長期修繕計画の作成をお願いしていた。
何度か管理会社と理事長との間でやりとりがあり、途中段階の計画は見せてもらっていたが、前管理会社が過去の修繕履歴をきちんと残していなかったこともあって、計画の前提条件など疑問点も多かったので今回作成者に直接内容を確認できる機会を頂けたことはありがたい。

計画は何より重要ではあるが、計画を実行するためには当然多額の工事費が必要なので、修繕積立金の推移を見ながらどの時点なら工事が可能かを見極めることも重要なこと。幸い今期の理事長は会計の専門家なので、管理会社変更で多少なりとも浮いた管理費をどの程度修繕積立金に移行可能かを検討して下さっている。

まだ最終段階ではないが、計画を読み込むと消費税UPもじわじわとボディブローのように効いてきそうなことが分かってきたので、当マンションの前途は決して明るくはないが、綱渡りのような状況であるという認識を全組合員と共有することで当マンションを何とか生き永らえさせなければならない。

by satoshi_suzuki-ao | 2013-02-23 23:16 | マンション管理