<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2012年 01月 30日
実家のリフォーム
実家のリフォームが始まった。
とは言っても仕事ではなく基本的に両親任せ。
金を出すのは母なので、父もあまり余計な口出しはしていないようだ。
昔から家のあれこれを考えるのは母の役目だった。
田舎の人なので息子の仕事である設計者というものが実は良く分かっていない。
自分も見積チェックや多少のアドバイスをする程度。

実家は某電気会社の工場労働者用に開発された団地の建売住宅。
もともとは6畳+4.5畳の平屋だったが、2人目の子供(自分)が生まれ手狭になったため、自分が2歳の頃に2階建に増築。
なのでこの部分も築40年。
2階部分は姉と自分の部屋だったが、各々家を出てしまったので最近は父の仕事部屋兼物置となっていた。
近年かなりガタがきていて床が下がり建付けも悪かったが、昨年の震災で内壁のPBが一部割れたことでいよいよリフォームすることになった。
b0227217_018618.jpg

窓下の割れていたボードは撤去して断熱材を入れた後PBボードで塞ぐ予定。
最近知った話だが、父は2階は子供部屋なのでそれ程上等な木材を使わなくて良いと建設当時大工さんに伝えたらしく、なるほどそのような造りになっている(それを知った母はかなり怒っていたらしい(笑))。
それでも自分が初めて震度5を体験した1978年の宮城県沖地震や、昨年の3.11の震度6強の揺れでも構造的な被害はなかった。
b0227217_0191121.jpg

火打梁が抜けていたり、大胆に柱を欠損させて天井廻縁を取り付けていたり・・・正直なところ、こんなんでも大丈夫なんだ、という感じ。

来月中には両親の待望の洋室に生まれ変わる予定。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-01-30 23:18 | 日々の生活
2012年 01月 29日
第60回全国勝田マラソン大会
3度目の勝田マラソン参加。
今年は60回の記念大会、参加賞もスポーツタオルがプラスされている。
今年も10㎞コースにエントリー。
言い訳だが、練習不足と体力の衰えで今年も不本意な結果となった。
ヘロヘロだった昨年から23秒縮めただけの57分ジャストでゴール。
ちゃんと練習して、とにかく10キロを走り続けられる筋力・体力を造らなければ・・・

って毎年誓うんだけど。

b0227217_16141470.jpg

[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-01-29 23:08 | 日々の生活
2012年 01月 21日
同窓会
中学校のクラス会に出席。
大きな会は20歳から10年毎の節目に担任の先生にも出席頂いて開催しているが、40歳からは盆と正月に飲み会程度の規模でも行っている。
昨夏は出席出来ず1年振りの再会。
報道ではあまり触れられていないが茨城も被災地。
地元の皆んなの当時や今の状況を聞く。
地方公務員で道路の復旧に携わっっている奴の話は興味深かった。
震災後しばらくは帰宅もままならずカップラーメンのみを食料に働いたとのこと。
元柔道部で熊のような体なんだが・・・
娘が成人式を迎えたとの友人もいて、やや驚く。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-01-21 23:52 | 日々の生活
2012年 01月 18日
万年塀
年末から引き続き検討しているマンションの補修工事。
今日は日程等細かい打合せに加えて、懸案となっている万年塀の調査も行って頂いた。
施工者側はいつもの監督さんと土木専門の担当者。
お忙しいところ本日も理事長さんに同席して頂いた。

マンション東側の万年塀が老朽化と昨年の地震の影響で隣地側に傾いている。
隣地は2005年に竣工した分譲マンションで当マンションの塀がお隣のフェンスに一部寄りかかっている状態。
お隣に対して失礼だし危険でもあるので早急に対応しないと。

担当者と現地を確認し対応を検討。
早急にスケッチと見積を依頼する(業務ではないので自分ではスケッチを描かない)。
多分理事会の年間の修繕予算では収まらない金額になると思う。

また臨時総会とか?
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-01-18 23:19 | マンション管理
2012年 01月 16日
失恋、のようなもの
年末に少し動かしていた新規プロジェクト
先月登録した建築家紹介サイトで参加申込をしていた案件の結果が出た。
申込資料一式がクライアントから返送されてきた。

世の中に家を建てたいクライアントと設計者のマッチングサイトは多いが、そのサイトは最初の間を取り持つまでがメインで言わば「お見合い」みたいなもの。あとはお二人で御自由にって感じ。
ある意味ドライな関係が(金銭面も含めて)好感が持てる。

今回の結果はお見合いに喩えると、釣書を見たけど興味が湧かないのでお断りします、みたいな感じか。
クライアントと設計者との関係は時に恋愛やお見合いに喩えられるが、今回は心を込めて書いたラブレターがあまり読まれずに返ってきたようで、“縁がなかった”ということではあるが、やはり残念。

が、相手に魅力を感じてもらえるよう自分を磨き、アピールする術や内容を充実させる必要性も痛感した。
落ち込んでいる場合ではない。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-01-16 23:29 | 設計のこと
2012年 01月 15日
映像の方々との交流
昨夜思いがけない誘いを頂いた。
同じマンションに住む理事会活動でお世話になっている方から「家飲み」の誘い。
後輩達と飲んでいるので宜しければ、とのこと。
喜んで参加させて頂いた(笑)。

皆さん映画監督・助監督・演出家の方々で、熱い映像談義をしておられた。
あまりその方面には知り合いがいないので興味深く話を聞かせて頂いた。

映画と建築
・多くのプロが関わってひとつの作品を創り上げる
・産業としては停滞期あるいは下降期(斜陽って言葉もある)
・お客さん(クライアント)から得るお金で成立する職種
・お客さん(クライアント)を喜ばせてナンボ
・莫大なお金が絡む
・純粋芸術ではない(良い意味で)
話をしてみて多くの共通点があることに気付く。
それぞれの分野・立場で好きなことを職業として生活することの喜びと大変さ。

携わった作品のDVDを見せて頂きながらプロの語る薀蓄を聞く。
結局窓の外が明るくなるまで話は尽きなかった。
刺激的で愉しい時間だった。

後日、妻に話すと自分も参加したかったと口惜しがっていたので次回も是非!
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-01-15 23:17 | 日々の生活
2012年 01月 13日
Webに露出
B-plus(ビープラス)仕事を楽しむためのWebマガジンという媒体に露出することになった。
この媒体のことは知らなかったが、インタビュー記事やコラムで構成されているWebマガジンとのこと。

年末に電話で依頼があり、「経営者インタビュー」のコーナーで取り上げたいとのこと。
ネットで確認してみると毎月8名程度の様々な分野の経営者のインタビュー記事が掲載されている。
「建設・不動産」分野ではアトリエ・天工人の山下保博さんも過去に掲載されていた。
個人事務所が“経営者”かどうかはともかく、せっかくの機会なので話に乗ることにした。

という訳で、年末の大掃除もピークを今日に設定して行った。
実はここ2,3日は妻と共にバタバタと片付けをしていた。

コーナーの特徴として俳優さんやタレントさんがインタビューをする形式になっていて、今回の担当は女優の宮地真緒さんだった。
予定通りに企画担当の方とカメラマンが来所。
事前打ち合わせとカメラのセッティングが終わり、宮地さん登場。

話の内容は、自身のこれまでとこれから・仕事に対する考え・クライアントへのメッセージなど
宮地さんは淡路島出身ということもあり、神戸のこと、阪神・淡路大震災のこと、関西三都のイメージについてなど、共通点があったので結構話も盛り上がった。
彼女にとって建築設計者は馴染みの薄い職種のようだったが、お芝居も建築もプロである個人が力を合わせてひとつのものを創り上げるという点で多くの共通点があるように感じた。
話題は様々に拡がって、予定を大幅にオーバーしたが楽しく刺激的な時間を過ごさせて頂いた。

宮地さんとカメラマンはお帰りになり、その後企画担当の方と詳細の打合せ。
話の流れや伝えたいニュアンスなどを確認する。
担当の方はこれまで相当多くの方の話を聞き、まとめてきた方なので、的確なリアクション、タイミング、言葉の選び方など正に「話を聞くプロ」だった。
特に印象に残った言葉は、個人としては駆け出しの設計者である私を某国産車に例えてアドバイス(と言うか叱咤激励)して頂いたものだった。
確かに仰る通りで、もっと積極的に自分をアピールしなければと思う。

記事がまとまりWeb上でアップされるのは来月中旬頃の予定。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-01-13 23:53 | 仕事のこと
2012年 01月 09日
水戸一校のHP
以前の記事で書いたが、「水戸一校社会人インタビュー」の内容が母校のHPにアップされていた。

当日は前職でのプロジェクトや独立後の作品などについてもパワーポイントを使って話したのだが、アップされている写真はどれも学生時代の作品なので少し(と言うかかなり)恥ずかしい。
卒業設計の図面は「一生懸命取り組んだけど全く評価されず自分の実力のなさを思い知らされ将来について真剣に悩んだ」ことを伝えるためのネタであったし、その他の作品も「就職面接に持参するポートフォリオの例」としてこんなものを持って行ったんだよ、と伝えるために見せたもの。そして「多くの会社から不採用通知をもらって大変だった」という流れで用いたもの。

決して当時の図面を自慢気に見せているのではないです(自慢出来るような内容でないのは自分が一番良く分かっています)。

本日は言い訳でした。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-01-09 23:47 | 日々の生活
2012年 01月 01日
A HAPPY NEW YEAR 2012
新年は気合を入れて散歩+ランニング。
武蔵野中央公園から見た初日の出。
b0227217_17485497.jpg


今年の年賀状は昨年8月に竣工したSimple Box Houseで構成した。
b0227217_17563445.jpg


昨年の段階ではまだ模型だったものが、多くの方々のサポートによってリアルな形になった。
クライアント御家族も新しい年を歓んで迎えられていることと思う。
b0227217_1844631.jpg


本年も宜しくお願い致します。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-01-01 17:49 | 日々の生活