<   2012年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2012年 05月 31日
後輩と久々の再会
以前facebookで再会した同業の後輩が出張で上京するとのことで新宿で食事。
お互いの仕事のこと、将来のことなどの報告と情報交換。
それなりの年齢になるとそれなりの考えや悩みはそれぞれある。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-05-31 23:38 | 日々の生活
2012年 05月 30日
再プレゼン資料提出
昼から再プレゼン資料を提出しクライアントに内容を説明した。
2者のうちどちらになるかは来月中旬までには結果を出すとのこと。

限られた情報とスケジュールの中で自分としては納得の出来る提案ができたとは思う。あとはクライアントが気に入るか否か。残念な結果だったとしても得るものは沢山あったので今後に繋がるチャレンジだったと思う。機会をくれた方々と協力してくれた仲間に感謝したい。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-05-30 21:34 | hp
2012年 05月 28日
模型作成風景
b0227217_2126912.jpg

b0227217_21265487.jpg

養生?に使っているのはロングマン英英辞典と建築大辞典。使い方間違ってますね(笑)。
英英辞典は浪人時に、建築大辞典は学生時代に買ったもの。大学生協では秋にセールをやっていて、作品集や写真集、辞典などの値段の高いものはこの時期まで我慢してまとめ買いしていた。
今ではちょっとしたことはネット検索で済んでしまうので建築大辞典の出番は殆どない。
b0227217_21273118.jpg

[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-05-28 21:22 | hp
2012年 05月 25日
平面・断面ほぼ終了
一般図の平面・断面はほぼ終わった。
パートナーにパースをお願いする関係で、明日中に立面図と内観パースで見える部分の展開図を仕上げなければならない。
追い込みだ。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-05-25 21:12 | hp
2012年 05月 24日
方針決定
昨夜思い付いた解決策について電話で確認、問題なさそう。
断面も含め大きな方針の変更はなくまとめられそうだ。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-05-24 21:09 | hp
2012年 05月 23日
事前相談
変更案も固まってきたので区役所建築指導課へ行き内容の確認。
地下居室と窓先空地の件で都安全条例に関する指摘あり。
断面計画を再度見直す必要があるかもしれない。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-05-23 21:02 | hp
2012年 05月 18日
プロ野球交流戦
先日の水府倶楽部東京例会でヤクルト球団にお勤めの先輩から招待券を頂いたので妻と神宮球場へ。
b0227217_20544875.jpg

自身高校球児であったが、贔屓の球団もなく(先輩すいません)、選手のことも妻(は巨人ファン)の方が詳しい。
どこが勝った敗けたとかにはあまり興味はなく、どちらかと言えば関心の対象は試合運びや選手個人の技量や記録のほう。

公式戦を観戦するのも実は初めて。
球場は吹き抜ける風が心地良かった。

試合はHR3本で圧倒したソフトバンクが9-1で勝利。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-05-18 20:45 | 日々の生活
2012年 05月 17日
21世紀の集住体「光る海」
先日の某プロデュース会社の建築家自己紹介プレゼンの際に学生時代の活動の例としてパワーポイント資料にも入れていたもの。
b0227217_1440342.jpg

1994年度の日本建築学会設計競技の全国2等案
同じゼミ仲間3人で発表したもの。
お題「21世紀の集住体」に対して「“死者”の集住体」で答えたもので、残念ながら公開審査には出席しなかったが後に刊行された本によれば審査会は相当紛糾したらしい。
一部の(特に実務で設計をしている建築家)審査員からは「問題あり」「ひねり球」「1等にするのは危険」「課題を読めば生きている人間の空間を要求しているのは分かるはず」との意見が出たいわくつきの作品。
その中で上野千鶴子・石山修武の両氏は好意的に評価して下さったようだ。

プレゼン手法は今考えてもアナログで模型写真を切り貼りで背景写真に合成したもの。
さざなみの表情を出したくて夏休みの後輩の製図教室半分ほどを占拠して、スタイロ、段ボール、ポリ袋でプールを作って水を張り模型を浮かべて撮影した。スモーク替わりに皆んなでたくさんのタバコをふかしもした。

コンセプトの文章は自分が書いた。


―海原に広がる霊柱は死者との交流を果たし、新しい生命を育む母体である。―

 20世紀も残りわずかになり、この時代の価値観も大きく揺らいでいる。今世紀初頭のモダニズムのうねりは、20世紀特有の近代合理主義の思潮を生み落とし、それまでの地球コミュニティの姿を一変させた。そして大変革後の世界は様々な変化の後始末に迫られることになった。現代社会では死は生から隔離されている。村落共同体の崩壊した都市部では葬祭文化も廃れ、形骸化している。さらに土地不足から墓地はますます生者の空間から離れてしまっている。厚生省の調査によると2020年の日本人の死亡数は約162万人、住宅不足のこの時代、墓地は何処に立地すべきであろうか?
 我々は都市に近い海上に墓地=“死者の集住体”を計画する。死は全ての人間が等しく共有できるものである。この墓地は個人のためのものではない。生者の空間(=都市)に対峙するこの墓は、絶えず我々に死の意味を問いかける。人は「死」という絶対の現実を通して「生」の意味を考えられるのである。

死者の住居=死者は海底に眠る―そして時を経て自然に還っていく
霊柱=ガラスの列柱から照射された光が上空を照らし人々に死を意識させる
礼拝堂=楕円回転体の中で生者は死者と交信する



学生時代でも集住についてまじめに考えていない訳ではなかったと思う。ただ学生最後のコンペ参加にあたって、収拾のつかない困難な現実を離れた理想を提示したかった。それが「逃げ」「ひねり球」と言われれば批判は甘んじて受けるつもりだったし、設計者として生者の空間を考え続けることは一生続けていくべきものだと考えていた。

身近なところでは、卒業設計も芳しい結果を残せず将来に不安を覚えていた頃、この受賞は建築設計界に進む上で大きく背中を押してくれた出来事だった。いくつか廻った入社面接ではコンセプチュアルであること、共同設計であることから余り評価されなかったところも多く、就職活動ではあまり効果はなかったが・・・。

確かに自分ひとりではこの作品は生まれなかっただろうが、自分がいなくてもこの案が生まれることはなかったと思う。
仲間二人はそれぞれ組織事務所に所属し設計活動を行っている。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-05-17 14:37 | 21世紀の集住体「光る海」
2012年 05月 16日
コンペプレゼン
昼から施工者の会議室でクライアントに対して提出案のプレゼンを行った。
コンセプトやCGパース、図面を綴じた紙モノの資料と1/100の模型を使って説明。

興味を持って頂けたようではあるが、先週家族で話し合いの結果、コンペ時とはプログラムが変更になったようで、店舗部分を広くして住戸よりも店舗がメインの建築にしたいとのこと。

声を掛けていた3者のうち、1者は期日に間に合わず失格となり、2者に絞られたようだ。
他社は店舗部分に魅力的な提案をしていたようなので、次回の再プレゼンで逆転しないとならない。

と言う訳で、マンションメインのこの計画案はリアルなカタチになることはなくなった。
残念ではあるが、更に良い建築を創るべく、残り2週間頑張ろうと思う。
b0227217_16454564.jpg

b0227217_16464046.jpg

b0227217_16484481.jpg

b0227217_16491133.jpg
b0227217_16494178.jpg
b0227217_1650114.jpg

[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-05-16 23:34 | hp
2012年 05月 15日
SSAO 2周年
今日5月15日は自分の43回目の誕生日であり事務所設立2年目でもある。
自分も事務所も少しずつでも成長できるよう日々励むつもり。

昼からは某住宅プロデュース会社へ行き、自己紹介プレゼンを行ってきた。
自分の経歴や前職での担当作品実績、事務所の考え方や作品実績、プレゼン資料の例などをパワーポーントを使ってプレゼンした。
実のところ、明日提出のコンペのプレゼン資料作りでバタバタだったのだが、昨夜急いで仕上げた。
去年母校の高校で建築設計について話をした際に作った資料があったのでアレンジして時間短縮。
以下はその資料の抜粋
b0227217_16224475.jpg

b0227217_15591742.jpg
b0227217_15593557.jpg
b0227217_15595574.jpg
b0227217_1601322.jpg
b0227217_1604573.jpg

b0227217_16235596.jpg

b0227217_1605881.jpg
b0227217_1611134.jpg
b0227217_1612728.jpg
b0227217_1614169.jpg


木造住宅がメインのクライアントである某会社にとって自分の経歴・作品歴は今ひとつ響かなかったようだ、が仕方ない。
縁のあった仕事をひとつ一つ丁寧に正直に創り続けるしかない。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-05-15 22:43 | 仕事のこと