<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2012年 12月 31日
本年もお世話になりました
今年は本業の「仕事その1」以外に独立以来続けている「その2」に加え「その3」「その1.5」と新たな取り組みも始めた1年だった。
個人事業主としての安定を考慮した上でのことでもあるが、建築に関わる分野で自分が出来ることをしてみようと始めてみたことでもある。

新たな方々との出会いもありそれぞれ刺激を得ることが出来た。

本業の「その1」ではカタチになる仕事は出来なかったが、いくつか仕込んでいるプロジェクトが来年実現すれば良いなと思う。
来年もひとつひとつ丁寧に正直に建築に関わっていきたい。

本年もお世話になりました。来年も宜しくお願い致します。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-12-31 23:50 | 日々の生活
2012年 12月 30日
年賀状
やっと年賀状をポストに投函。今年はこれまでで最も遅いかもしれない。
元旦には届かないだろうな。

年初に頂いた年賀状を見返してみて、来年はもう来ない年賀状が2枚。
秋に亡くなった親戚と、春に逝ってしまった仕事上の関係者。

年に一度年賀状を書くということは、自分と縁のあった方々との関係や出来事を振り返ることでもあるのかもしれない。

また新たな出会いを思い出して自分の一年を振り返る機会でもあるようだ。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-12-30 04:14 | 日々の生活
2012年 12月 28日
高低差敷地の家 模型
2次元で検討してきたものを3次元で確認する。

b0227217_010448.jpg

b0227217_011816.jpg

b0227217_0113081.jpg

b0227217_0115241.jpg

[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-12-28 22:09 | oms house
2012年 12月 23日
高低差敷地の家 打合せ
先週打合せの際に伺った指摘内容を含め修正を加えた計画案の説明を行った。
敷地のポテンシャルを最大限に活かしながらコストにも配慮した計画内容になったと思う。

年末年始で土地の購入も含めた検討をクライアント御夫妻にお願いする。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-12-23 22:41 | oms house
2012年 12月 17日
特殊建築物等定期調査報告書提出
先日理事長に押印頂いた特殊建築物等定期調査報告書を(財)東京都防災・建築まちづくりセンターに提出。
何点か指摘事項があったが、解釈の相違であったため納得し訂正印を押して提出を終える。

センターから特定行政庁(武蔵野市)に廻り決済が下りて返却されるのは3,4か月後、とのこと。
思いのほか事務作業に時間がかかるようだ。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-12-17 22:31 | マンション管理
2012年 12月 13日
定期調査報告書押印
自宅兼事務所は築38年の中古マンションを購入しスケルトンリフォームしたものだが、入居後理事会からの依頼で特殊建築物調査報告書の作成業務も行っている。

建築基準法第12条1項の規定により、5階建以上かつ延床面積1,000㎡を超えるマンション(共同住宅)の所有者は3年毎に調査資格者に調査をさせて結果を特定行政庁へ報告することが義務付けられている。調査資格者とは建築士(一級、二級どちらでもOK)あるいは特殊建築物等調査資格者のことをいう。

入居した年から携わり今回で2度目の報告書作成になる。前回は会社勤めだったためボランティア的な位置付けだったが、今回は自分の事務所の業務として行う。

本来報告書提出期限は10月末だったのだが、多忙な理事長に押印頂く都合が合わず、また11月からはマンション役員の改選時期と重なってしまい今に至る。

10月半ばに提出先である(財)東京都防災・建築まちづくりセンターに問い合わせたところ、年内に提出して頂ければ良く、役員改選の場合は本来の提出期限時の理事長名で提出すること、と指示があった。しかし理事長印は今期の理事長に引き継がれているので、今期の理事長に内容を説明の上、押印頂いた。前理事長へはイレギュラーな対応になるが後日報告の予定。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-12-13 23:06 | マンション管理
2012年 12月 11日
役所事前相談
高低差敷地の家の件で区役所へ。

決して広くはない敷地を有効に使うためには平面計画はもちろんだが断面計画も重要になる。
今回は一部地下の計画なので平均地盤面の算定方法を事前に確認しておかないと後の計画に影響が及ぶ恐れがあるので直接相談に行くことにした。
以前別の計画の際に平均地盤面算定方法で審査課と当方で認識の相違があり、確認申請提出後に冷や汗をかいた苦い思い出がある。今回は慎重に進めたい。

一度経験した同じ役所なので指摘内容は想定の範囲内だった。若干の調整は必要だろうが大勢に影響はなさそうだ。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2012-12-11 22:39 | oms house