<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2013年 02月 24日
Eames House Bird
素敵なヤツがやってきました!

b0227217_21313148.jpg


先日、建もの探訪(録画)を見ていたのだが、たまたまいつもは見ていない妻も一緒に見ており・・・
b0227217_21355082.jpg

b0227217_2136593.jpg

相当気に入ったようでした(笑)。
で、ネットで調べてみると、このEames House Bird はvitra社で商品化されhhstyle.com(インターオフィス社)で購入出来るようでした。


(hhstyle.comより引用)
イームズ・ハウスのリビング写真にもたびたび登場する鳥のオブジェが、イームズファミリー協力のもと、vitra社より「Eames House Bird」として商品化されました。
家具デザインのみならず、様々な分野で活躍したイームズ夫妻は、世界中を旅する中で、各地の民芸品に心をひかれて持ち帰り、数多くのコレクションを残しています。
それらは素材に対する誠実さや専門技能を示す歴史上の芸術品であり、デザインの原理や見方の実例として大切に保存されました。
中でも最も気に入っていたといわれるこの鳥のオブジェは、20世紀のはじめ、アメリカ東部のアパラチア山脈地域で多くみられた民芸品の一つです。


更に色々見てみると1/2~1/3の価格のリプロダクト品もあるようでしたが、今回は奮発してvitraの物を注文。そして本日到着です。

パッケージも格好良い。
b0227217_21491411.jpg


飾ってみました。とりあえずこの辺りが定位置かな?
b0227217_21503677.jpg

b0227217_21511534.jpg


黒が入って空間が引き締まった感じがします。
我家&事務所へお越しの際には可愛がってやって下さい(笑)。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2013-02-24 23:49 | 日々の生活
2013年 02月 23日
長期修繕計画
マンションの理事会に出席した。
当期は理事でもないのだが、以前から長期修繕計画について理事長から意見を求められておりオブザーバー的に参加させて頂いた。

当マンションは昭和48年竣工で当期で40期になる。人間でも40歳を過ぎれば色々と不具合が出てくるものだが当マンションの場合、見た目はともかく問題となるような大きな不具合は出てきてはいない。各入居者の努力や管理会社のサポートのお蔭でこれまで適切な修繕がそれなりに行われてきた結果ではあるが、過去の修繕工事が計画的に行われていたかと言えば、実はそうでもない。きちんとした長期修繕計画がこれまで存在しなかったのだ。それなのに今の状況があることは奇跡的と言えるかも知れない。

昨年管理会社を変更した際に、本格的なものは別途費用が発生することは承知していたので、契約の範囲内で可能なレベルで良いからと長期修繕計画の作成をお願いしていた。
何度か管理会社と理事長との間でやりとりがあり、途中段階の計画は見せてもらっていたが、前管理会社が過去の修繕履歴をきちんと残していなかったこともあって、計画の前提条件など疑問点も多かったので今回作成者に直接内容を確認できる機会を頂けたことはありがたい。

計画は何より重要ではあるが、計画を実行するためには当然多額の工事費が必要なので、修繕積立金の推移を見ながらどの時点なら工事が可能かを見極めることも重要なこと。幸い今期の理事長は会計の専門家なので、管理会社変更で多少なりとも浮いた管理費をどの程度修繕積立金に移行可能かを検討して下さっている。

まだ最終段階ではないが、計画を読み込むと消費税UPもじわじわとボディブローのように効いてきそうなことが分かってきたので、当マンションの前途は決して明るくはないが、綱渡りのような状況であるという認識を全組合員と共有することで当マンションを何とか生き永らえさせなければならない。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2013-02-23 23:16 | マンション管理
2013年 02月 14日
クリニック併用住宅 経過
先日1stプランを提出したクリニック併用住宅について、金融機関の担当者から報告の電話があった。

クライアントが他の土地の可能性も含めて再度じっくり検討したいとのこと。
1stプランがどうこうと言うよりは、この土地で本当に良いのだろうかとの疑問が大きくなってきているとのことだった。

残念ではあるが、大きな買物でもあり、その後の人生に大きな影響を及ぼす決断になるはずなので慎重な態度で臨むのは当然のこと。何かしら躊躇する要因がある場合には焦らず検討すべきだと自分も思う。
そもそも「本当に建てたいのか」まで遡って考えるべき問題なのかも知れない。

担当者には、もし新たな土地で検討する時期が来たならば、またお手伝いが出来れば・・・、とお話しさせて頂いた。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2013-02-14 19:53 | 設計のこと
2013年 02月 07日
3度目の確定申告終了
青色申告会にて確定申告をしてきた。

H24年は取引先(仕事その3とその1.5)が増えたのだが、以前からのその2とは毛色が違うため帳簿の付け方も違うとか…。
申告会の方の手を(かなり)煩わせてしまったが、何とか終わった。

b0227217_22483389.jpg


事務所設立記念日とともに何となく自分の仕事を振り返らざるを得ない一日。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2013-02-07 22:41 | 仕事のこと
2013年 02月 01日
友との再会
高校時代の友人と3人で飲んだ。

一人は今も近所に住み、同じ野球部だったので全然久し振りでもないが、もう一人は本当に久々。
3人とも記憶が定かではないのだが卒業後一度同じメンバーで地元水戸で会った記憶があるので多分20年振りくらいか?

共通項は2年時に同じクラスで運動部だったということ。
足が恐ろしく速かった陸上部のAは当時から大人びていて賢く、俺とTの野球部の練習方法などについて「非科学的で前近代的!根性では強くなれない」と耳の痛いアドバイスを浴びせてくれていた。とてもスマートかつクールに。

現在Aは大学教授として理論的に後進の育成をしており成果も上げているようだ。
現在の政治や経済に対して、そして俺やTの仕事に対して当時と同じように冷静に表情も変えずに容赦なく意見を言うところも全く変わっていなくて、本人にしてみれば紆余曲折はあったのだろうが、いい意味で相変わらずのAの姿を見ることができて嬉しく思った。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2013-02-01 23:00 | 日々の生活