<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2013年 06月 24日
ブラジル外務省庁舎
今朝のサンデーモーニングでブラジルのデモの映像が流れていた。

b0227217_23592720.jpg


後ろに見えるのはブラジリアに建つブラジル外務省庁舎(Arcos Palace)。2012年に104歳で亡くなったオスカー・ニーマイヤー(Oscar Niemeyer)が1962年に設計したもの。

自分は大学で建築史研究室に所属していており修士論文は「オスカー・ニーマイヤーの建築について」だった。論文と呼ぶには恥ずかしいものではあったが・・・。
当時の乏しい知識では「都市計画の失敗例ブラジリアの主要施設を手掛けた建築家」程度の認識しかなかった自分だったが、建設当時の歴史的背景や現在のブラジリアの状況をその当時入手可能だった氏の作品集や「国際建築」などの過去の雑誌の記事を検索し、知れば知るほど徐々に彼の作品に魅了されていった。
彼の作品は彼がこよなく愛した女性達の官能的な曲線で知られるが、ル・コルビジュエとの関係でも知られるようにベースにはモダニズムがあった。個人的には曲線の建築群も良いが初期の教育保健省庁舎(Ministry of Education & Health 1943)が好き。

就職した翌年(1997年)にギャラリー間で展覧会があり記念講演会に来ていたお孫さんとお話しさせて頂いたのも良い思い出だ。

残念ながらブラジルには行ったことがないので彼の作品を是非体感したい。2014年のワールドカップが終わってからあたりが狙い目だろうか?
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2013-06-24 23:58 | 日々の生活
2013年 06月 23日
第1回武蔵暮家-MUSAKUI-暮らしの無料相談会
参加している団体「武蔵暮家-MUSAKUI-(武蔵野暮らし家創りの会)」で暮らしの無料相談会を行います。是非お越し下さい。
・日時:2013年7月13日(土)13:00~19:00
          14日(日)10:00~18:00
・会場:武蔵野市民文化会館  展示室

b0227217_1172365.jpg

b0227217_1174064.jpg


武蔵暮家-MUSAKUI-(武蔵野暮らし家創りの会)は武蔵野で活動する建築家メンバーを中心として設立された「暮らし」「家創り」を考えるグループです。メンバーが家創りを通じて考えた住宅、暮らしについて勉強会を行ったり、建築相談会を行ったりして各々の能力を向上させ、それぞれの活動にフィードバックさせています。
また、建築家メンバーだけではなく、地盤調査、リフォーム、キッチン制作、税理士、など様々な業種の方とも交流して、建築だけに限らない、暮らし全般を考える新たな活動へとつなげて行きます。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2013-06-23 21:04 | 武蔵暮家-MUSAKUI-
2013年 06月 15日
建築コスト管理士更新
2008年に取得した建築コスト管理士資格は5年ごとに更新がある。
今日新しい登録証が届いた。

b0227217_22412840.jpg


修行した事務所のボスは

・デザインができること
・現場がわかること
・お金がわかること

は設計者に必須のスキルだと考えていて、その客観的な指標として一級建築士・1級建築施工管理技士・建築積算資格者の取得をスタッフに課していた。
事務所では3つの資格を持ってはじめて「一人前の設計者」とみなされた。

建築積算資格者はもともと「建築積算士」なる日本建築積算協会の民間資格として昭和54年に始まり、1990年には国家資格の「建築積算資格者」となったのだが、2001年には行財政改革で再び民間資格になり、2009年には名称も「建築積算士」に戻された。

建築コスト管理士は協会によれば建築積算士の「上位資格」としての位置付けで「企画・構想から維持・保全、廃棄にいたる建築のライフサイクル全般に渡って、コストマネジメント業務に関する高度な専門知識及び技術を有する専門家」と定義されている。

更新のためには一定数のCPD(継続能力開発)制度の単位が必要になる。


独立後、大規模なプロジェクトを手掛ける機会は減ったが、数憶単位の工事費の積算やコストコントロールの経験はこれからの業務にも役立つものだと考えている。
[PR]

by satoshi_suzuki-ao | 2013-06-15 22:36 | 仕事のこと